日々変わってゆく煩雑な業務

作業手順をまとめ、それを処理するシステムを構築していくことは簡単な作業ではありません。

想像してみてください。業務の手順をフローにまとめれば、そのフローがそのまま作業手順として動作するとしたら。

あなたの作業量は劇的に減り、またチームのメンバーでも把握の難しい複雑な工程がわかりやすいツリー図としてまとめられているのです。

Passcellはそのような想像を現実にするために生み出されました。

オフィスを変えるツリー

社内のプロセス管理がはっきりしない。

見積もりを何度もだしてどれがどれかわからない。

業務のアウトソーシングがスムーズに行かない。

それは、Passcellを使って業務をツリーにまとめてしまうことです。

ツリーでまとめられた業務フローは直感的な理解を助けてくれ、しかも同時にそれ自体が処理手順になっているため後から編集することも簡単です。

事務処理から製造業の大規模システムまで

Passcellが可能にしたのは、複雑な作業工程をツリー図という形にまとめ、ツリー自体が処理を行うということです。

つまり、ツリーでかけさえすればどんな業務でもカバーできてしまうので、これからはPasscellだけでオフィス内の業務が片付いてしまいます。

しかも直感的なツリーで操作が行えるのでエラーが起こりにくく、もしエラーが起こったとしても、一瞬でどこがエラー箇所かを見つけられます。

これからは大規模なシステムを構築するときも、うんざりするようなコードの海に潜る必要はありません。

ユーザー側で管理できる直感的なシステム

Passcellを使えば、理解しやすいツリーでシステム構築ができるので、難解で知識の必要なコードと異なり、システム部門以外のユーザー側でも仕様変更を簡単に行うことができます。

実際、 Passcellを導入したある企業ではシステム保守に使われていた人員が6名から3名まで減りました。

Passcellだけで社内の全システムがカバーできるということがどれほど効率化に繋がるか、ぜひ体感してみてください。